NHK「きょうの健康」で肝臓検査を見た!しじみんで予防します!!

2019年11月4日にNHKの「きょうの健康」 総チェック!肝臓の病気「肝機能 大丈夫?」が放映されました。

NHKきょうの健康より

放映によりますと、肝臓の病気(脂肪肝やウイルス性肝炎など)がある人は、国内で推定1000万人以上おられ、肝臓の病気というのは、なかなか症状が現れないため、気づいた時には重症化している場合が多いとのこと。

早期発見の手がかりはやはり、健康診断の項目にもある肝機能検査です。

異常があれば、2次検査を受ける必要がありますが、体重が年々増えている人や、毎日飲酒している人は特に検査を勧めているとの内容でした。

解説されたのは、肝臓の名医 武蔵野赤十字病院院長の泉 並木(いずみ なみき)先生です。
泉 並木医師のプロフィール

実際に肝機能の数値が悪い方は、医師の指示に従い治療を受けなければいけません。

肝機能の数値は悪くはないが、日頃の生活習慣(毎日飲酒している、体重が増えているなどなど)思い出し、ご自身の肝機能を心配している方はすごく多いと思います!

健康管理は食事・運動・睡眠の3つがとても大切ですが、今回は食事にスポットを当ててみます。

肝臓に良い食べ物と聞いてすぐに思い出すのは、やはりシジミです。

肝臓に良いとされるシジミの口コミ

はつらつ堂しじみん シジミの成分を丸ごと摂取できる

シジミの健康効果の口コミを見て頂きましたが、シジミの貝汁などを毎日食べるのは難しいと言う方もおられると思います。

そのような方におススメなのが、シジミの栄養をサプリメントで摂取するという方法です。

今回紹介するのは、はつらつ堂「しじみん」です。

このはつらつ堂「しじみん」は、他のシジミ成分の入ったサプリとは違います。

何が違うのか?

それはシジミのエキス(オルニチン)シジミの貝殻の成分(カルサイト)を丸ごと一緒に摂れるサプリなのです。

シジミの有名な定番成分・オルニチンと特許取得製法で作られている新健康成分・カルサイト(シジミ貝殻の結晶成分)を見事に融合させた肝臓が喜ぶ成分たっぷりのサプリメントなのです。

はつらつ堂「しじみん」を飲まれた方の継続率は90%以上とタイヘン高く、2011年から2019年7月までの9年間で累計販売数が900,000パックを超えています。

愛用者は男性だけではなく、「しじみん」のダブル栄養パワーの健康効果で女性にも愛用されていて、老若男女問わず人気があります。

◎お酒を飲む人のお供としてもたくさんのメディアに紹介されています!

◎2018年8月(20~60歳の男女302名を対象)しじみサプリメントにおける日本トレンドマップ研究所調べ

★公式サイトで詳しく見る ↓ ↓

はつらつ堂しじみん 効果の秘密は3つ!

はつらつ堂「しじみん」が人気があるのは、3つのポイントがあるからです。

しじみん 青森県十三湖産の大和シジミを使用しています

はつらつ堂の「しじみん」で使用しているシジミは、青森県十三湖産の「黒いダイヤ」と言われる大和シジミです。

大和シジミの中でも十三湖産の大和シジミは最も美味しく、栄養価は他の国内産や海外産よりも10~25倍も高いと言われています。

出展:十三湖漁業共同組合

しじみん シジミの有名成分オルニチン!

シジミの栄養素で一番有名なのが「オルニチン」です。

このオルニチンは「遊離アミノ酸」の一種で、肝臓や筋肉にとどまらずに血液中を循環し、肝臓で有害なアンモニアの解毒を行い、肝臓の働きをサポートしてくれるのです。

青森県十三湖産のシジミは「黒いダイヤ」と呼ばれ、他の産地に比べて栄養価が高く、オルニチンは約10倍です!

しじみん オルニチンサイクルで疲労回復効果!

オルニチンは、疲労感や倦怠感の原因となる疲労物質のアンモニアと結合することにより、肝臓でアンモニアを無毒化し、尿素に還元するのです。

これがオルニチンサイクルと呼ばれるものです。(※注1)

オルニチンを摂取することで、疲労回復効果を期待できるのです。

(※注1)シンポジウム2・トレス社会における代替補完医療の役割(P36)

しじみん オルニチンで二日酔いの予防・解消 肝臓回復!

オルニチンは肝臓でのアルコールの分解をスムーズに行いますので、二日酔いの予防・解消も期待できます。(※注2)

また、普段からオルニチンを摂っていると、毒素をろ過する肝臓の負担も軽くなり、傷ついた肝細胞も修復に向かい、肝機能の働きが高まり、肝臓が良い状態に戻っていきます。

(※注2)オルニチン

しじみん シジミの新健康成分カルサイトを使用!

シジミのエキスを抽出した後の貝殻は、産業廃棄物として処理されていました。

青森県の十三湖周辺では江戸時代から「焼いたシジミ貝殻が酒好きの村人達の健康に役立った」「肝臓に効く」との言い伝えがあり、その研究開発をされたのが、元弘前大学医学部教授の佐々木甚一博士を中心とした弘前大学医学部青森県産業技術センターの産学官の共同研究チームです。

シジミの貝殻を約500度で焼くと「カルサイト」という炭酸カルシウムが発生することを発見し、このカルサイトの有用性を確認すべき実験を行ったところ肝機能改善効果などがあることがわかりました。(※注3)

この焼成シジミ貝殻粉末のカルサイトの効果は以下の4点です。

★肝機能の改善効果

★肝細胞の増殖促進作用

★NK細胞・免疫系細胞の活性化作用

★中性脂肪・コレステロールを下げる作用

まさに、カルサイトは新健康成分なのです!

カルサイトはカルシウム本来の役割である骨や歯を作る働きや骨粗しょう症の予防効果もちろんあります。

同じ条件でシジミ以外の貝殻を焼いたカルサイトには、その効果がなく、シジミの貝殻を焼いたカルサイト特有の作用効果であることがわかり、特許を取得しています。

その特許取得製法(特許第3475411号)を用いて老若男女どなたでも日常的に飲みやすいサプリメントにしたのが、「しじみん」です!!

はつらつ堂「しじみん」は青森産十三湖の黒いダイヤと言われる大和シジミを使用して、シジミの有名成分オルニチンと新健康成分のカルサイトを配合したタイヘン効果のあるシジミ丸ごとサプリなのです。

(※注3)焼成シジミ貝殻粉末の生物活性

はつらつ堂しじみん 口コミ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

熊切あさ美(@asami_kumakiri)がシェアした投稿

タレントの熊切あさ美さんも「しじみん」の愛用者なのです!

ラジオのお仕事での一コマです。

熊切あさ美さんは、お酒を飲む前に「しじみん」を飲まれ、「なんかまだまだ喋りたりないくらい楽しかったなぁ」とインスタ投稿されています!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yellowdays(@yellowdays_insta)がシェアした投稿

はつらつ堂「しじみん」を頂かれてたいへん喜んでおられる方からのインスタ投稿です。

これから健康のためにも飲み続けていかれることでしょう!!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

行方 正男(@himana_nikuya)がシェアした投稿

友人から勧められた「しじみん」を飲み始めている方からのインスタ投稿です。

肝機能の数値が高いかもしれませんね。

「γ-GPT半減目指すぞ!」

と、気合いが入っています。

はつらつ堂しじみん まとめ

NHKのきょうの健康  総チェック!肝臓の病気「肝機能 大丈夫?」が放映され、肝臓の名医として有名な武蔵野赤十字病院院長の泉並木(いずみ なみき)先生が解説されました。

体重が年々増えている人や、毎日飲酒している人は、早期発見が大切なので、健康診断の項目にもある肝機能検査を勧めているとのことでした。

肝機能の数値は悪くはないが、日頃の生活習慣(毎日飲酒している、体重が増えているなどなど)を気にして、ご自身の肝機能を心配している多くの方々が肝臓に良いサプリメントを探しているようです。

はつらつ堂「しじみん」は青森産十三湖の黒いダイヤと言われる大和シジミを使用して、シジミの有名成分オルニチンと新健康成分のカルサイトを配合したシジミ丸ごとサプリで、肝臓に良いとされる成分もたくさん含まれています。

はつらつ堂「しじみん」は、1日6粒を目安に手軽に飲んで頂けます。

只今、WEB注文限定キャンペーン中で税込・送料無料の1,000円でこのはつらつ堂「しじみん」を購入できます。

日頃の生活習慣(毎日飲酒している、体重が増えているなどなど)を気にしている方は特にこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

★公式サイトには詳しいお得情報がたくさん載っています!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする