老いを感じてきたら筋トレ!心身の活力が蘇る!!

生涯現役!

この言葉は高齢社会に生きる私たちにとって何とも美しく、希望に溢れた言葉でしょう。

生きとし生けるものは必ず老います。

この記事を読んで下さっている方も自分の老いを感じているはずです。

10年前の自分、5年前の自分、3年前の自分、1年前の自分。

毎日、鏡を見ていても自分の老いはわかりにくいものですが、写真を見たらハッとすると思います。

昔の写真があれば一目瞭然・・・。

今は写真をプリントしないで、携帯やパソコンに写真を保存している方が多いでしょうから、その写真を改めて見てみると自分の老いを感じることでしょう。

この記事を書いている私は中年を優に過ぎていて日増しに老いを感じることが多いです。

見た目ももちろんですが、精神的な老いが出てきている気がします。

チャレンジの気持ちがなくなってたり、何をするにも億劫に感じる、何でもなあなあになって来ている気がする。

これが、定年になり、仕事をしなくなったら一気に老け込むのではないかと心配になり、調べたのです。

カラダの老いを克服して、燃えてやる気を出す方法を!!

筋トレが一番取り組みやすい?

まず、カラダを鍛えるということに関しては、やはり筋力トレーニングが良いと思います。

何かのスポーツをされている方、例えば野球、ゴルフ、テニスなどなど。

40歳を過ぎてもそういったスポーツをされている方は、学生時代から部活などでそのスポーツをしていて卒業後も継続している方が多いでしょう。

そういった方々は歳を重ねても若々しく元気で過ごされていることでしょう。

しかし、これから何か運動を始めようという方には少々ハードルが高いかもしれません。

筋力トレーニングとなれば、公共の体育館でも行える所が多いですし、トレーニングジムもお住まいの地域には一つや二つはあるでしょうし、器具によっては安価なものもありますので、購入してご自宅で筋トレを行うことも可能です。

器具を必要としない腕立て伏せや腹筋などはもちろん自宅でできます。

また、筋トレは全ての運動の基本でもありますし、多くの方にとって取り組みやすい運動だと思います。

パワーリハビリという考え方

パワーリハビリテーションという言葉はご存知でしょうか?

パワーリハビリテーションは、老化や器質的障害により低下した身体的・心理的活動性を回復させ、自立性の向上とQOL (クオリティ・オブ・ライフ)の高い生活への復帰を目指すリハビリテーションの新しい手法です。日本でリハビリの専門職の手によって開発された、マシントレーニングを中心とした運動プログラムであり、各地で目覚ましい成果を上げています。まさに、「老化に対するリハビリテーション」といえます。

日本自立支援・パワーリハ学会より引用

パワーリハビリテーションは、一般的に知られている筋トレとは違い、筋力強化を目的としているのではなく、マシントレーニングを使い、楽に動かせる程度の軽い負荷で行い、ゆっくりと動作を繰り返します。

今まで、あまり使っていなかった全身各部の筋肉を動かすようにして、筋肉の力が回復するようになれば、動作が今まで以上に活動的になります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

向日葵鍼灸接骨院(@himawari_shinkyuu_sekkotsuin)がシェアした投稿

デイサービスひまわりの里様のインスタ投稿です。

パワーリハビリテーションの器具です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

元気工房りふれ(@genkikoubourifure)がシェアした投稿

元気工房りふれ様のインスタ投稿です。

階段の昇り降りが楽になった、坂道を休みなく登れるようになった、肩の痛みがなくなった

など、嬉しいお言葉をいただいているというパワーリハビリテーション中のワンショットです。

一例をあげれば、車椅子を使っていた人が杖をついて歩けるようなったり、杖無しで歩けるようになったり、歩く速さが速くなったり、階段の上り下りが楽になったり、介護が必要になっていた方が、介護を必要としなくなったりなどなどパワーリハビリテーションは良い効果が出ているのです!

パワーリハの真の目的は「行動変容」にある

パワーリハの目的は、身体的機能の向上はもちろんあります。

マシントレーニングを軽い負荷で回数をこなす運動をすることで、筋肉も鍛えられ生活動作が楽になることで、行動範囲が広がり、社会的な活動に対する意欲も出てきます。

若い頃のように、車の運転も、電車やバスに乗ることも歩くことも今まで以上に楽になり、買い物に出かけたり、遠出のドライブをしたり、映画を観に行ったり、登山や社交ダンス、絵画を再び始めたり、食事に出かけたりなどなどカラダがスムーズに動くようになると行動も変わるのです!

年齢を重ねてもパワーリハを行うことで、身体機能の向上とともにやる気が出てきて行動が変わってくるのです。⇒「行動変容」という。(※注1)

この行動変容こそがパワーリハの真の目的なのです。

パワーリハビリには、「うつ」に対する著しい効果や「認知症」「パーキンソン病」の改善が報告されていて、パワーリハビリ参加者の表情が明るくなり以前より前向きになったとご家族様からの報告も数多くあるとのことです。(※注1)

リハビリテーションより引用

また、山口県にあるフェニックスデイサービスセンターがパワーリハビリを取り入れて、身体機能の向上と精神面からの活動性の向上が認められたと発表されています。(※注2)

(※注1)リハビリテーション

(※注2)フェニックスにおけるパワーリハビリテーションの効果

パワーリハビリの口コミ

筋トレのまとめ

筋トレの記事だけど、パワーリハっていう介護の施設の宣伝?って思われたかもしれませんが、介護の現場でも取り入れられている筋トレはやはり効果があります。

介護の施設は基本的には介護の認定を受けた方が利用する施設です。

介護が必要な方々が身体的にも精神的にも良い効果が現れて行動的になっているのです。

介護の必要のない世代の方なら、なおさら効果が出るはずなのです。

この記事を読まれている方は、介護を必要としていない方が多いと思います。

筋トレは、何歳からでも取り組みやすい運動の一つです。

何だか最近、活気がない方、元気がない方、やる気がなくなってきている方!

まずは筋トレを始めてみませんか?

若い人のようにムチャクチャ頑張る必要はないのです。

パワーリハビリのようにマシーンで、軽い負荷で回数もそこまで気にしなくて良いのです。

週に2回~3回程度で良いのです。

1日や2日間、筋トレをしたからといって効果が出るものではありませんが、「継続は力なり」です。

筋トレを続けることで、自分の中で変わってくるはずです。

肉体的にも精神的にも変わってきていろいろなことに意欲が出てくるはずです。

中高年世代の方で人生100年時代を生き抜いていくことを密かに考えている方は、筋トレが人生を大きく変えていく小さな習慣になりえますので、ぜひ筋トレを続けてみて下さい!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする