博多を代表する名物・お土産といえば辛子明太子!

博多の名物といえば、「モツ鍋」「博多ラーメン」「水炊き」「うどん」「鉄なべ餃子」「鳥かわ」そして「辛子明太子」です。

「辛子明太子」は博多駅でのお土産売り場でも大人気で、「博多通りもん」「鶴乃子」「ひよ子饅頭」「博多の石畳」「筑紫もち」などと並ぶ定番商品です。

辛子明太子は「ご飯がいくらでも食べられるご飯のお供」でも必ず選ばれるほど国民的人気ですし、芸能人の中でも「辛子明太子さえあれば、おかずはいらない」と公言される方もおられます。

今回は、この「食べて良し!贈って良し!」の辛子明太子について紹介していきます。

タラコと明太子(めんたいこ)の違いは?

まず、基本的なことですが、タラコと明太子の違いはわかるでしょうか?

タラコはスケソウダラという魚の卵巣で、タラの子なのでタラコです。

明太子は明太魚(めんたいぎょ)という魚の卵巣で、明太魚の子で明太子なのです。

朝鮮半島でスケソウダラのことを明太魚といいます。

結局は、タラコも明太子もスケソウダラの卵巣のことなのです。

一般的な認識としてスケソウダラの卵巣の塩漬けがタラコで、調味液に漬けて辛味をつけたものを明太子と呼んでいて、明太子を辛子明太子という意味で使われています。

タラコの歴史

まずは、タラコが明太子の源流なので、タラコの歴史について紹介します。

「鱈の子(タラコ)は北国より出る名物也」と遠藤元閑が1696年に著した「茶湯献立指南」にあるように、タラコは少なくとも江戸時代前期には食べられていました。

また、1903年(明治36年)頃に北海道西部の岩内町で、タラ科のマダラが不漁となり、代わりにスケソウダラ漁が盛んになり、タラの卵巣も利用しようと塩漬け加工も始まり、そのタラコが美味しいと評判になり、昭和初期には日本全土に広まったといわれています。

タラコの鮮やかな色から「紅葉子(もみじこ)」とも呼ばれ、今でも関東以北の人たちは、タラコを紅葉子と呼ぶこともあるようです。

明太子の歴史

日本における明太子の歴史は諸説あるようですが、博多発の明太子がメジャーになり、今では知らない人はいないほど明太子がご飯の伴の不動の地位にしたのは、戦後、博多に「ふくや」を創業した川原俊夫氏の功績なのです。

川原氏は戦前、現在の韓国の釜山に住んでいたが、終戦を機に夫婦で福岡に住み、食料品屋さんを始めたのでした。

タラコを仕入れた時に韓国で好んで食べていた「明卵漬(ミョンランジョ)」を作ろうとしたのが、博多発の明太子が生まれたきっかけとなったようです。

「明卵漬(ミョンランジョ)」とは、スケトウダラの卵巣を塩と唐辛子、ニンニクや胡麻などと発酵させたものです。

しかし、「明卵漬(ミョンランジョ)」を模して作ったものは、当時の博多の人々の口に合わなかったため、川原氏がタラコの味付けを改良に改良を重ねた結果、今のような調味液に漬けこむ製法の明太子が生まれたのでした。

当初は川原氏は、韓国のスケソウダラの呼び名の明太魚の子で明太子と命名し、タラコを味付けしたものだから「味の明太子」と呼んでいたそうですが、後に他の明太子メーカーが(唐)辛子漬けのタラコだから「辛子明太子」と名付けたのが普及し、今では調味液に漬けて辛味をつけたものを「明太子」と呼ばれるようになりました。

明太子が博多から全国に広まった理由

明太子が評判となり、売れるようになると、福岡の中洲市場にあった川原氏のお店に大行列ができるようになり、お客さんが川原氏のお店と勘違いして他のお店にも並ぶようになると、そのお店が明太子を卸してほしいという要望があったのですが、明太子を卸すということをしないで、秘伝の調味液の味付けは秘密にしたままで明太子の作り方やタラコの仕入れ先を教えるようにしたのです。

すると、そのお店の味付けをした「明太子」ができあがり、その「明太子」も売れるようになりました。

その後も川原氏は他のお店に明太子の作り方を教えるようになり、明太子を製造する会社が増えていったのです。

明太子は川原氏のお店だけの商品ではなく、博多を代表とする商品となったのです。

時代的背景の経済成長も見逃せません。

1975年に博多に新幹線駅ができたおかげで、明太子を全国に送るのが容易となり、博多から明太子が日本中に広まっていったのでした。

川原氏は明太子の製法の特許を取らずに、創業した「ふくや」も「明太子の元祖」と名乗っていません。

明太子は美味しいお店が支持されるだけという川原氏の心意気があり、明太子は博多を代表とする名物になったのです。

明太子を使った料理!

明太子は、ご飯のお供として食べるのももちろん良いのですが、明太子を使った料理も豊富で人気です。

明太子を使ったお菓子!

最近は、明太子を使ったお菓子もたくさん売れています。

皆さまも明太子のお菓子を食べたり、スーパーなどで見たこともあるでしょう。

人気商品がたくさんあります!

このように博多の明太子は、戦後にメジャーとなり、今や博多の名物・お土産として不動の地位を築いていて、料理のレシピやお菓子にも使われるなくてなならない食品です。

皆さまも福岡に行かれた際は、明太子をどうぞご賞味下さいな!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする