おかげさま農場の無農薬野菜!新鮮でカラダに良くて美味しい!!

毎日の生活の中で野菜は摂っているでしょうか?

野菜の歯ごたえなどの食感、緑や赤、黄色などの色彩の豊富さ、サラダ、煮物、炒めるなど調理方法など楽しみ方はいろいろですが、やはり野菜のもつ栄養は見逃せません。

野菜にはビタミン・ミネラル・食物繊維などの大切な栄養素が含まれていて、体調を整え、身体機能を正常に維持してくれます。

さらに野菜には免疫力の向上抗酸化作用があるといわれています。(※注1)

野菜をたくさん摂っていると何となく体調が良いと感じるのは、カラダに良い栄養成分がたくさん含まれているからなのですね。

野菜は肉や魚についている添え物という考えではもったいないです。

厚生労働省が「健康日本21(栄養・食生活)」の中で、野菜摂取の目標値を350gとしています。

適量摂取には、野菜350~400gの摂取が必要と推定されることから、平均350g以上を目標とする。

厚生労働省健康日本21栄養・食生活より

毎日しっかりと350g以上の野菜を食べている方もたくさんおられるでしょう。

しかし、厚生労働省が実施している調査によると、平成29年(2017年)の野菜類平均摂取量は成人男性で300g、女性で280gで目標値の350gに達していません。

20~30歳代の男女は共に野菜類平均摂取量がもっと少ないです。

厚生労働省が実施している「国民健康・栄養調査」をみると、平成22年調査では、生活習慣病予防・改善のための取り組みとして「野菜をたくさん食べるようにしている」と回答した人(30歳以上)は、男性約45%、女性約60%にのぼります。

しかし平成29年の同調査での野菜類平均摂取量を見ると、成人男性で約300g、女性で約280gとなっています。特に20~30歳代は男性で約260g、女性で約230gと成人の平均より約50gも少ない量になっています。野菜は「健康に良い」ことは知っているけれど、意識しなければなかなか十分に食べることができないのではないでしょうか。

厚生労働省e-ヘルスネット野菜、食べていますか?より

繰り返しますが、野菜には、ビタミンやミネラル・食物繊維などのカラダに良い栄養成分を多く含んでいます。

野菜を多く摂る人は、脳卒中や心臓病などの重篤な病気になる確率が低いといわれています。

そこで、今回、野菜を「無化学農薬、有機肥料栽培」されている農家の方々の「おかげさま農場」「無農薬野菜定期便」紹介をさせて頂きます。

「おかげさま農場」は、30年間以上も無農薬野菜を作り続けておられ、化学肥料を一切使用しない有機野菜セットをご自宅まで送料無しで届けて下さいます。

(※注1)齢者のQOL向上のための免疫能の健全性を保持する日本型食生活の解析

★公式サイトへ ↓ ↓ ↓

有機野菜と無農薬野菜の違いは?

野菜には通常の野菜と有機野菜や無農薬野菜などがあると思いますが、その違いはご存知でしょうか?

野菜の栽培方法には大きく分けて3種類あります。

①慣行栽培 ②有機栽培 ③特別栽培

慣行栽培

農薬や化学肥料を使う一般的な栽培方法です。

国内に流通する野菜の99%以上が慣行栽培です。

収穫量を増やすために化学肥料を投入して、病虫害や除草や畑のために化学合成農薬や化学合成土壌改良剤を使用します。

使用する薬品は法律で定められていて、薬品の使用回数の制限は野菜の種類や都道府県によっても違います。

有機栽培

化学合成農薬や化学肥料、化学合成土壌改良剤、遺伝子組み換え技術を使用しない栽培方法です。

有機栽培は、たい肥などで土作りを行うことから始めます。

トウモロコシやスイカ、かぼちゃなどの一年生植物は2年以上、レンコン、ニラ、アスパラガスなどの多年生植物は過去3年以上に渡り化学合成農薬、化学肥料、化学合成土壌改良材を使用していない田畑で栽培する手法を指します。

有機栽培では天然農薬や天然肥料(有機肥料)の使用は許可されています。

農産物や農産物加工品で「有機」「オーガニック」と表示ができるのは、国で定められた基準(JAS規格)を満たしたものだけです。

特別栽培

慣行栽培、有機栽培でもない栽培方法で、化学合成農薬、化学肥料の使用量が規定の50%以下に制限されています。

特別栽培は農林水産省のガイドラインで農薬などの取り決めが事細かく定められています。

おかげさま農場の栽培方法は?

千葉県成田市にある日本屈指の無農薬栽培のパイオニアのおかげさま農場は、昭和63年に設立され、おかげさま農場の農法は確立されています。

その農法の中で、「化学合成農薬は使用しない」「堆肥、有機肥料を使って栽培する」など謳っていてJAS規格の基準を満たしているようですが、おかげさま農場の考え方があるのです。

2000年4月に有機JAS認証が法制化され、「なぜ、おかげさま農場は有機認証をしないのか?」という問い合わせに対しての対応があります。

おかげさま農場としては、有機認証を得るためにおかげさま農場の農法をしてきた訳ではありません。

法制化があろうがなかろうが、よくないものはやらず、環境や安全を脅かすものは極力使わない、という方針は変わりません。

 農業や食の現状を考えるとき、いわゆる有機農産物というものが特別なものでなくそれが本来のものだ、あるいは当たり前だという意識的、地域的広がりを持って欲しいと願うものであります。

(中略)

また現実的に、生産農家の現状を考えると、今回の認証は経費や事務的な負担が重い事、認証のあり方が本来の自然の摂理や農の実態から乖離し、目的と離れているのではないか、といった疑問を持ちます。

従って、今回の認証は見送る考えです。

ですから、今後有機農産物の標榜はできません。

しかし、いつでも生産現場にきていただき、現状をみ、あるいはご意見をいただきたいと思っています。

現場で確認いただき、納得がいけば今後ともおつきあいいただきたいと考えております。

期待にそぐわないところもあるでしょうが、当農場の方針をご理解いただきたいと思います。

おかげさま農場ホームページより

おかげさま農場は今後も「化学肥料・農薬は一切使わずにご自身たちが安心して食べられるものだけを作ります」という方針に変わりはありませんので、安心しておかげさま農場の野菜を購入して頂けます。

おかげさま農場の野菜の種類は?

白菜、大根、ニンジン、じゃがいも、ほうれんそう、さつまいも、かぼちゃ、ごぼう、かぶ、キャベツ、里芋、小松菜、トマト、きゅうり、なす、ししとう、にんにく、ピーマン、新たまねぎ、とうもろこし、ミニトマト、長ネギ、サニーレタスなどの定番野菜からターサイ、紫大根といった珍しい野菜まであります。

★太陽をいっぱいに浴びた旨みの濃い有機野菜ばかりです!

おかげさま農場の新鮮な無農薬野菜を注文する

おかげさま農場の無農薬野菜をご希望の方は下記の公式サイトがお得です。

「無農薬野菜定期便」の3つのポイントです。

※セット内容は1配送で野菜が10品前後です。
3人様家族で1週間程度量の獲れたて新鮮な無農薬野菜を新鮮な状態を保つためにあえて泥付きのままお届けしています。

※ご希望の方は月2回コースもあります。

★野菜が10品前後送られてきますが、野菜を選ぶことはできませんが、その時に最も旬で新鮮な野菜が厳選されます。

★次回のお届けをスキップすることは可能です。

発送月の前月の20日までにメールか電話での連絡が必要です。

★配送は沖縄、北海道及び離島へのお届けはできません。

★解約はいつでも可能です。

発送月の前月の20日までにメールか電話での連絡が必要です。

おかげさま農場の基本は「食は命」です。

環境にも負荷を掛けない農法で一つ一つ丹精込めて丁寧に育てた新鮮なお野菜をご希望の方は、どうぞ下記の公式サイトからお申し込み下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする