ツカレナイン オリゴノール配合で疲労回復!自分史上最高のパフォーマンスを!!

若い頃からカラダを鍛えていて、30歳を過ぎてもまだまだ現役の頃に負けないぞって頑張っているアナタ!

内心では、

最近は疲れが取れにくい・・・。

もうひとふん張りしたいけれど、カラダがついて行けなくなってきた・・・。

やはり、年齢を重ねると衰えというのは仕方がないのかなぁ・・・。

何か良い方法はないかなぁ・・・。

って思っていないですか?

自分の限界をさらに引き伸ばして、自分のパフォーマンスをもっと良いものにできると評判のサプリがあるのです。

それが「ツカレナイン」です。

このツカレナインに配合されている注目成分は、ドーピング検査もクリアしていますので、オリンピックの出場選手も使用しています。

それくらいトップアスリートの方々も愛用されているサプリメントです。

もちろん、年齢に関係なく運動を頑張っている方。

これから運動を始めようとしている方にも注目して頂きたいサプリですので、興味のある方は読み進めていってください!

★公式サイトへ ↓ ↓ ↓

ツカレナイン オリゴノール配合!

運動時のスタミナ切れは活性酸素によるものと言われています。

活性酸素とは、他の物質を錆び(酸化)させる非常に強い酸素です。(※注1)

活性酸素は私たちのカラダにとって必要なもので、体内に侵入した細菌やウィルスを撃退する役割を持っています。

しかし、活性酸素が増えすぎると、正常な細胞などを酸化させ、疲労や老化の原因になり、生活習慣病を引き起こす原因ともなるのです。

私たちには活性酸素から身を守るため、抗酸化酵素などによる防御システムが備わっていますが、年齢を重ねるとその防御力も弱くなりますので、天然の抗酸化物質を摂ることで活性酸素を防ぐことが大切になるのです。

ツカレナインに配合されている天然の抗酸化物質がオリゴノールなのです!

(※注1)活性酸素と抗酸化物質の化学

オリゴノールとは

赤ワインやコーヒーなどで知られる抗酸化力のあるポリフェノールはよく耳にしていると思います。

ライチ果実から抽出したポリフェノールの分子を特許技術で小さく(低分子化)したものが、オリゴノールです。

ポリフェノールは分子が大きい(高分子)ため、カラダに吸収されにくい性質でしたが、オリゴノールは、ポリフェノールよりも水に溶けやすく3~4倍の吸収率があり、効果的な抗酸化作用が期待されています。

◎オリゴノールは一般的な高分子ポリフェノール(ブドウ、ブルーベリー、松樹皮)の吸収力が高い!

4~6時間後でも高い血中濃度を維持しています。

公式サイトより

オリゴノール 血流改善効果!

オリゴノールには抹消血流の改善効果があり、体表面温度が上昇します。(※注2)

酸素や栄養が血液によってカラダに巡りますので、持久力アップやパフォーマンスの向上を目指せます。

◎オリゴノール摂取後の体表面温度の変化

オリゴノールの血流改善効果!ツイッターでも話題です!

オリゴノール 抗疲労効果!パフォーマンス向上!

オリゴノールがスポーツパフォーマンスに関する影響について検証をしています。

大学陸上選手47名(男子25名、女子22名)を2つのチームに分けて行っています。

実験の中で、自覚的運動強度(自分の感覚で運動がどれほどきついかを表す)はオリゴノールサプリメントを摂取したチームの方が、プラセボ群(オリゴノールが入ってないものを摂取したチーム)に対して、優位に軽減したと報告されています。

つまりオリゴノールを摂取することで、トレニーングが比較的楽にできていることになります。

疲労感、疲労回復感も改善され、カラダの痛みに関しても軽減されています。(※注2)

オリゴノールの抗疲労効果!ツイッターでも話題です!

オリゴノール 内臓脂肪低減作用!

カラダはスマートでも内臓脂肪が多いと指摘される方もおられます。

内臓型脂肪型の肥満は心筋梗塞などの重篤な病気を引き起こすリスクがあり、食習慣の改善や適度な運動を勧められています。

内臓型脂肪はアディポカインの産生調節の異常のためと言われていますが、オリゴノールはこのアディポカインの産生調節を行い、内臓脂肪蓄積の抑制効果があるとされています。(※注2)

(※注2)新世代のポリフェノール “Oligonol (オリゴノール)” の機能

ツカレナイン オリゴノール100mg(5粒あたり)配合!

オリゴノールは多くの健康食品賞を受賞しています!

※ICPH大賞とは、ポリフェノールと健康国際会議(ICPH)にてポリフェノールに関連するエビデンスや機能面で最も評価できる研究または製品に贈られる賞です。

オリゴノールは専門誌でも紹介されています!

ツカレナインにはオリゴノール100mg(5粒あたり)配合されています!

そしてスポーツパフォーマンスに嬉しい成分もプラスされています。

◆ビタミンB1・・・エネルギー代謝をサポートし疲労回復効果があります。

◆ビタミンB6・・・タンパク質の分解・合成を助け、神経機能を正常に保ちます。

◆ミネラル・・・カラダの組織を作る原料でカラダの機能維持・調節をする働きがあります。

★公式サイトへ ↓ ↓ ↓

ツカレナインの気になる口コミ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

maki☺︎さん(@maki_makia720)がシェアした投稿

本格的にマラソンをされている方からのインスタ投稿です。

楽しく走ったり、タイムを決めて厳しく走ったりとメリハリをつけて走っておられます。

最近、ツカレナインを飲まれていてベリー味で飲みやすく期待しているとのことです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小峰悠子 / Yuko Komineさん(@yuko_workout)がシェアした投稿

この方も本格的に走っている方です。

夏の疲労が溜まっていてツカレナインを飲んでいます。

ツカレナインは疲労軽減作用や抹消血流改善効果、脂肪溶解効果、リカバリー力向上効果があり、各種安全試験もクリアしていて安心して摂取できるのが嬉しいとお話しされています!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SHOKOさん(@shokorin.shokorin)がシェアした投稿

こちらの方はツカレナインの良さをアピールしています!

ツカレナインはネーミングも良く、アスリート向けではありますが、気候による体調不良や強い紫外線、食生活の乱れ、日々の生活のストレスで増えてしまっている活性酸素をこのオリゴノールを摂る事で抗酸化が期待出来ます。

いつでもどこでも摂取しやすい携帯ケースに入っているのも魅力的ですとのこと!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@shiyou0726がシェアした投稿

子育て頑張っている方からのインスタ投稿です。晴れた日には、公園の健康遊具を端から試しています。

カラダを動かした後は、気持ちの良いダルさ!バテそうになる時もありますが、そんな時はツカレナインを飲んでいます!

育児や家事に疲れている時も飲んでいて、カラダが軽くなると感謝されています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

effy.staffsさん(@effy.staffs)がシェアした投稿

確かにこいつはツカレナインと一言シャレつきメッセージを頂いています!

ツカレナインの飲み方

ツカレナインは持ち運びに便利なタブレットケースに入っていて携帯しやすく、水を飲む必要のないチュアラブルタイプなので、ボリボリ噛むだけでOKです!

1日に5粒を目安に飲んで頂き、運動前に飲まれて下さい。

ツカレナイン どこで購入するのが一番お得なのか?

アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングでは取り扱いがありません。

主要なドラッグストアでも取り扱っていません。

公式サイトのみの購入となっているようです。

公式サイトでのツカレナインの通常価格3,980円(税別)となっています。

只今初回特別価格が用意されています!!

ツカレナイン まとめ

いかがでしょうか?

オリゴノール配合ツカレナインの紹介をさせて頂きました!

オリゴノールは2007年にICPH大賞を受賞しています。

ポリフェノールと健康国際会議(ICPH)にてポリフェノールに関連するエビデンスや機能面で最も評価できる研究または製品に贈られる賞ですので、エビデンス(血流改善、抗疲労作用、内臓脂肪低減作用、美容効果)については折り紙つきです。

アメリカの厚生労働省と同じ立場のFDAの審査にもクリアして、食品に対する安全基準合格証(GRAS)を取得していますので、安全でもあります。

アメリカのドーピング検査機関でも禁止物質が含まれていないことが確認されていますので、エビデンスの評価もあり、オリンピックに出場するようなトップアスリートからも愛用されています。

オリゴノールは今も世界中の大学から研究対象とされ、今後も期待される注目の成分です。

トップアスリートの方々だけではなく、年齢に関係なく運動を頑張っている方、これから運動を始めようとされている方にぜひ飲んでその効果を体感して頂きたい次世代のサプリメントです。

ツカレナインは翌日に疲れを残さない、もうひと頑張りできるサプリです!!

★公式サイトへ ↓ ↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする